株式会社プライムセオリー

株式会社プライムセオリー(http://www.primetheory.jp/)は、2013年4月に設立された新しい会社ですが、実質的には2007年に創業をされており、以来IT系の開発企業としてインターネット上のサービスを数多く提供してきました。
提供するサービス内容はウェブシステムの他モバイルで利用できるシステムも含まれており、それらのシステムを効果的に業務に生かしていくためのコンサルティング業務を行ってきました。
特徴的なのが代表取締役社長である東海林誠さんの人柄で、会社設立前には5つのIT系企業を経験しながら、そこで副業として独自にモバイルサービスの提供を始めたことが独立のきっかけになっているということです。
会社勤めをしているときのことを振り返って、学べることはたくさんあったけれどもやりたい仕事がやらせてもらえなかったり、提案した内容をリスク回避のために通してもらえなかったことにはがゆさを感じていたことを語っています。
また同時に自分の興味が強い分野についてはとにかく極めてみたいと思えるという強いモチベーションや好奇心を持たれている方のようで、そのような自分自身が楽しむという姿勢が株式会社プライムセオリーの基本になっているということがわかります。

事業内容についてですが、メインとなっているのはiPhoneのアプリケーションの開発です。
iPhoneのアプリケーションは業務用にもかなり有効なものではありますが、申請を行うためには米国のAppleに対して行わなくてはならないため、英語や欧米式の契約に慣れていない人や法人にとってはかなり苦手意識を感じてしまうものになっています。
そこでアプリケーションを開発するためのコンサルティングを行うことから、実際の開発、さらには申請までをワンストップサービスとして受けることができるようにうたっています。
実際APPストアにはプライムセオリーが手がけたアプリケーションがいくつかダウンロードできるようになっており、かなり手広く実績を広げてきたということがうかがえます。

株式会社プライムセオリーの強みは、アプリケーション製作をメインとしていることによる対応力の早さや柔軟さです。
アプリ制作に関して一連の流れをすべて受注することもできれば、企業の様態によって管理のみやStoreへの出品のみをサポートするなど部分的な受注もしていくことができます。
対応の丁寧さも多くのユーザーから高い評価を得ており、回答の早さなども顧客満足度の理由となっているようです。

theme by teslathemes