ブレイブソフト

人気のARアプリ

ブレイブソフトでは、今では良く知られているARアプリをリリースしています。
ものによっては、すでに対応していないものもありますが、エヴァンゲリオンのARアプリはARの中でも高い人気を誇った作品の1つとなっています。

参考:スマートフォンアプリに強い開発会社| 株式会社ブレイブソフト

AppStoreアプリでは、そんなARアプリのエヴァンゲリオンが無料総合ランキングでは1位を飾りました。

ARとは拡張現実のことです。
コンピューター技術(スマートフォンなどで用いられるAR技術など)を利用することで、本来では何もない空間に大きな物体を表示するなどして、現実の中に物体があるかのような表現が行えます。
エヴァンゲリオン以外でも、同じロボットアニメで有名なガンダムも、ARアプリにより実際にそこに存在するかのようなARを体験することができます。

また、ARについて補足があるのですが、ARは貼りこみ画像とは違うものです。
例えば、どこでも見れるというわけでなく、今回のエヴァンゲリオンでは現地となる箱根を訪れる必要があります。
ARアプリは限られた空間のみで作用するアプリとなっているのですが、貼りこみ画像とは違い360度どの角度からも好きな様に物体を見ることができます。
このようなARを目的として地域巡りをされている方もいるほど、ARアプリは根強い人気となっているのです。

確かな実績

ブレイブソフトには確かな実績があります。
近年では、アプリ開発などでJAVA(じゃば)と言われている技術が使われているのですが、これはスマートフォン誕生によりよく使われるようになったわけではありません。

昔から一般的な会計ソフトの開発や、携帯などのゲーム開発などでも良く用いられる技術だったのです。
ブレイブソフトでは、そんなJAVAによる開発で多くの実績がありますので、JAVA実績では他のアプリ開発会社より多いという確かな実績がございます。
ブレイブソフト代表・菅澤氏もそんなJAVAにより携帯アプリゲームの開発を数多くこなしている実績があり、多様な面でその技術を活かしてきました。

今では、スマートフォンのiPhone、Androidで用いられている技術も活用し、アプリを一括で開発するなどの実績まで残しています。
そんなiPhoneの開発実績ですが、ブレイブソフトはこちらも国内有数となっているので、開発実績数そのものも多いことで知られています。

現代はますますグローバル化が進んでいる状況ですが、そんなグローバルな開発についてもブレイブソフトは携わっているのです。
ブレイブソフトでは「フリー戦略」を方針として、スマートフォン市場に乗り出しているという一面もあります。
世界、グローバルを強く意識しアプリ開発を行っているのです。
そのため、実績についても世界では中国に死者を構えるという形で、5年以上も実績を出すことに成功しています。

theme by teslathemes